Rosso武蔵野線 府中本町方面
akakobaton.exblog.jp

浦和レッズの話題を中心に、甲(妻)乙(夫)丙(息子)の家族で日々の出来事などを綴っています。リンク・コメント大歓迎です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
リンクなど


<エキサイトブログ以外のリンク>
赤いチームと正直なボール
浦和レッズと○に!!

タグ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
....
from ナニモナイケド
J1第33節 vs 鹿島..
from 果たして続くか?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
鬱憤
うっ‐ぷん【×鬱憤】
外へ出さないで心の中に抑えている怒りや恨み。また、そういう気持ちが積もること。「―を晴らす」

5月27日(日) 2007 J1リーグ戦 第13節
浦和 1 - 1 横浜FM (15:04/埼玉/51,829人)
得点者:'50 山瀬功治(横浜FM)、'66 ネネ(浦和)



c0108926_059625.jpg

疲労の極地であろう選手達や、声を枯らして応援したサポーター達に、夏のような日差しが照りつけたこの日。

またまたドローで、試合終了の笛と同時にスタジアムを後にしました。

このモヤモヤとした気持ちは何だろう?まるでジーコが監督の時の日本代表を見ているような感覚。つまり、どうせ変わらないと諦めにも似た感情。

浦和レッズというチームがどこへ向かっているのか、さっぱり分からなくなってきました。

確かに何度かあった決定機を決めていれば、勝てたかもしれませんが、果たして勝てればそれだけで良いのだろうか?

c0108926_1153232.jpg

優勝という結果を出した後の、さらなる進化を求めてオジェックを招聘したはずなのに、去年と同じような、人が動かないフットボール。あれだけ固定メンバーで連戦をこなせば、動けなくなる選手が出るもの仕方ありません。ならば何故フレッシュな選手をオジェックは起用しないのだろう?サブのメンバーは出たくて出たくてしょうがないはず。

新しいシステムや戦術の熟成するために、固定メンバーでいくと言っていたのだから、ある程度は納得できましたが、去年と同じような布陣では説得力無し。
競争のないチームは閉塞感を増していくだけでしょう。

これでしばらくJリーグは中断。この間にチームは変われるのか、変われないのか。再開がとても楽しみですわ。

それにしても、山瀬にはしてやられましたが、彼と再会して「あ~やっぱりいい選手だな~。」と思ったのが正直なところ。別れても好きな人(笑)。
すでに憎しみは通り越して、かつてキングと歌われた人物のノスタルジーに浸れるもの、時間のなせる業でしょうか?間がさしたのか、彼が8番のポジションにいたらと夢想してしまった。
[PR]
by red-kobaton | 2007-05-27 01:08 | 浦和レッズ