Rosso武蔵野線 府中本町方面
akakobaton.exblog.jp

浦和レッズの話題を中心に、甲(妻)乙(夫)丙(息子)の家族で日々の出来事などを綴っています。リンク・コメント大歓迎です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
リンクなど


<エキサイトブログ以外のリンク>
赤いチームと正直なボール
浦和レッズと○に!!

タグ
お気に入りブログ
以前の記事
最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
たはー・・・
from 珍々有
しょーすしょすしょすw
from びえぶ
ちょちょちょ(^^;
from さい8
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
....
from ナニモナイケド
J1第33節 vs 鹿島..
from 果たして続くか?
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
急転直下
(名)スル
様子が急に変わって解決・結末に向かうこと。
「―事件が解決する」

3月11日(日) 2007 J1リーグ戦 第2節
新潟 2 - 2 浦和 (16:01/東北電ス/40,524人)
得点者:'30 永井雄一郎(浦和)、'64 ワシントン(浦和)、'88 河原和寿(新潟)、'89 田中亜土夢(新潟)




今日はTV観戦。
最初は晴れていたように思いますが、その後天候が急変。みぞれまじりの激しい風雨に。現地組の方々、お疲れ様でした。

天候同様、レッズは大部分で試合を支配していたと思いきや、残り数分で急に流れが変わり、同点に追いつかれる・・・・・。慢心があったのかなぁ?

収穫は久々のワシントン砲が炸裂したぐらい。実力差から言えば、2-0の時点で試合を閉めにいくべきだったのですが、ベンチからそのような動きは感じられませんでした。どうもオジェック氏は固定メンバーで通していくようで、その成果が出るのはまだまだ時間がかかりそうです。まあ、その前に試合に出ているメンバーが疲弊しなければ良いと思うとともに、控えメンバーのモチベーションを落とさないよう、オジェック氏には気をつかってほしいですね。

休養たっぷりの闘莉王は今節は先発。ギド時代と比べて極端に上がらなくなりましたが、これはオジェック氏に釘を刺されているのでしょうか?闘莉王の上がりからワシントンの得点につながったのを見ると、やっぱり攻撃のオプションとして闘莉王のオーバーラップは必要だなぁと感じます。

対戦相手に恵まれた07年シーズン序盤ですが、最初の大一番、ACLアウェーのシドニー戦までに、チーム力を上げていってほしいですね。
[PR]
by red-kobaton | 2007-03-11 21:29 | 浦和レッズ